朝はパン パンパパン

「でも昴くんだって来年3年生で卒業でしょ?家を出るなら新お父さんとの生活なんて数ヶ月足らずじゃない」
「家を出る…」
そうか、進路はまだ迷っていたけどそういう選択肢もあるんだ。進学にせよ就職にせよひとり暮らしをする。もちろん母さんと相談して決めなきゃいけないことだけど、僕が家を出ても母さんがひとりにならないならそれもいいと思えた。
「何か考えてる顔してるね」
「うん、家を出るなんて考えたこともなかったから」
「やさしい昴くんはお義母さんをひとりにしちゃいけない、って思っていたもんね」
どうしてこういつも咲希さんは僕が思ってたことをさらりと言い当てるのだろう。

合田隊長の人@西野

(-●ω●)良い就職先がありますよ
(-●ω●)っ[情報庁募集要項]

今日, 06時22分

https://twitter.com/kaitosp/status/1143821807230697472?s=19

入れ食い状態!防衛ポイントはもう一段上の方がいい気がしますが結果オーライです。

黒豆

大活躍!

昨日, 19時16分

みそ(発酵途上)

大豆のように堅い守りをできました!

昨日, 19時51分

梅雨の合間の晴れ間が続いています。昼間はじめじめした暑さです。
「こんなのホットリミットだよー。アイスぷりーず」
おあげが溶けています。
「おあげ、暑さに負けて冷たいものを取りすぎてはよくないぞ。こんなときこそ熱い番茶だ」
衛さんが汗をかきながらお茶をすすっています。やせ我慢のように見えるのは気のせいでしょうか。
「自分、鍛えていますので。決してキンキンに冷えたDAKARAを飲みたいとか思っていません」
飲みたいんですね。
「いえ、あんな適度な甘さの五臓六腑に染み渡る飲み物欲していません」
飲みたいんですね。
「注がれれば嫌とは言えません」
かな子ちゃんが笑顔でDAKARAを差し出しました。

だまるドン塩

でもかな子ちゃん、緒方さんにはティファールで沸かした白湯だすんですよね(´・ω・`)

昨日, 12時26分

みそ(発酵途上)

その辺の水溜まりの水をミネラルウォーターと言って渡していました。

昨日, 17時55分

朝はパン パンパパン

「昴くんと話せたおかげでわたしはぐっすり眠れて、翌朝起きたときには何をあんなに動揺してたんだろうってくらいに落ちついてたよ」
美談のように語っているけど咲希さんは寝落ちしただけだし、おいてけぼりにされた僕は悶々としてあまり眠れなかった。まあそんなことは言わぬが花だろう。
「よくよく考えたらわたしはもう家を出ているから新お母さんと関わることはあんまりないし、お父さんの老後とか考えたらひと安心で、なんだいいことづくめじゃないと」
「そっか、咲希さんは同居するわけじゃないのか」
その点はすごく羨ましい。新お父さんがいる生活なんて考えるだけで胃が痛む。

今日の一品、豆腐と青菜の炒め煮です。ごま油と長ネギのみじん切りで風味をつけて焼いた豆腐はいいおかずになります。とろみをつければ薄味でも満足できそうです。

さく

お豆腐??
結構長時間風味付けするんですか(・・?

2019年06月25日 19時42分

ねこロール

今から食べに行きます

2019年06月25日 19時49分

みそ(発酵途上)

なかなかいい色合いですよね。

2019年06月25日 20時18分

みそ(発酵途上)

熱したフライパンにごま油とネギのみじん切りを入れて、香りがしてきたら豆腐を入れてこんがり焼けばしっかりと風味がつきます。

2019年06月25日 20時20分

みそ(発酵途上)

ヨネスケさんみたいです。

2019年06月25日 20時20分

「何百年と生きてきたが、これだけ愚かな男をわしは知らんわい」
パンツ一丁で縛り上げられた緒方さんを見て銀子さんがため息をつきました。緒方さんがなぜ縛られているのかはもう説明する必要がないでしょう。いつものセクハラです。
「ふががふふんが」
緒方さんが何か言いましたが猿ぐつわを噛まされているのでふがふがとしか聞こえません。
「どうせ聞こえたところで訳のわからんことを言うだけじゃ。そう考えると緒方はこれでなんの支障もないのう」
むしろなんて言っているのかわからない方が知的に見えるかもしれません。
「ふがっ…」
「こやつ、それもありかみたいな顔をしておるぞ」
無駄に懐は広いです。

朝はパン パンパパン

「聞いたときには動揺したかな。そんな前触れまったくなしに、家族への相談もなしに全部決まってから言うわけって。言ってくれてれば心の準備もできるのに」
いきなりの再婚報告に咲希さんは僕よりもよっぽどショックを受けたことだろう。
「この前、夜中に電話しちゃったよね。あのときに再婚話を聞かされて、それで昴くんの声を聞きたくなっちゃったんだ」
「ああ、それでか」
僕の中に小さなしこりのように残っていた疑問が氷のように溶けていった。
「あのときはごめん。落ち着かなくなっちゃって」
「ううん、寝つけない夜だったからちょうどよかったよ」
嘘つけと言って咲希さんは僕の鼻をピンとはじいた。

合田隊長の人@西野

(-●ω●)今朝はパンですか?

2019年06月25日 05時14分

みそ(発酵途上)

いつの朝もパンです。

2019年06月25日 12時11分

所長が鳩が豆鉄砲を食らったような顔をしています。それもこれも緒方さんが育休を申請したからです。
「育休って緒方、あんた子どもいたの!?」
「まさか、私にそんなのいるわけないじゃないですか」
この男ハハハと陽気に笑っています。子どももいないのにいったい何を育てると言うのですか。
「目の前にいるじゃないか、磨けば光るダイヤの原石が!」
「はっ…?」
所長の開いた口が塞がりません。
「これを育てず埋もれさせてしまうのは人類の損失!大いなる過ち!というわけで自分磨きのために育休をおおおっ!」
「何か言った?」
満面の笑みで所長が緒方さんにアイアンクローを食らわせています。所長は笑顔で怒るタイプです。

朝はパン パンパパン

「まさか僕らの親どうしが再婚する、なんて話じゃないよね」
「あはは、昼ドラとかにありそうな展開だけどそれはないよ。もうわたしは再婚相手の人に会ってるし」
咲希さんは軽く笑って僕の冗談を流した。その顔はさっぱりしていて、僕みたいに悶々とした思いを抱えているようには見えなかった。それが大人の余裕のように思えてちょっとだけ憎らしい。
「咲希さんはどう思ったの?」
「どうって?」
「再婚の話を聞いたり、実際に再婚相手のひとと会ったりして」
そうだねえと呟いて咲希さんはコーヒーカップのふちを指先でなぞった。その仕草がなんだかなまめかしくて、どきどきしてしまう。

合田隊長の人@西野

(-●ω●)その人物、こちらでお調べしましょう。

2019年06月24日 05時25分

https://www.spike-chunsoft.co.jp/necrodancer-zelda/
思ってたよりゼルダで面白い!何よりも曲が最高なのでゼルダファンにおすすめ。

ガユス@( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

広告に出てくるやつ?

2019年06月23日 18時27分

黒豆

音楽よさそう

2019年06月23日 18時34分

みそ(発酵途上)

ケイデンスオブハイラルです。

2019年06月23日 18時53分

みそ(発酵途上)

たぶんそうです。

2019年06月23日 18時53分

みそ(発酵途上)

サントラが欲しくなりました。

2019年06月23日 18時53分

朝はパン パンパパン

僕の話を聞き終えた咲希さんは深いため息をついた。うんざりしたようなため息ではなくて感心したような。
「うぅん、まさか昴くんの方にもうちと同じ話が出てるなんてね」
「同じ話?」
おうむ返しに尋ねる僕に咲希さんは大きくうなずいた。
「うん、うちのお父さんが再婚するっていう話。でもこっちはもうそれが決まっているっていう点では違うか」
「それはまた、すごい偶然だね…」
それ以外に返す言葉が見つからなかった。僕はたまたまとか偶然の一致とかってものをあんまり信じていなかったけど、こればかりはそうとしか言いようがない。
起こってしまったことはそのまま受け入れるしかないだろう。

合田隊長の人@西野

(-●ω●)っ拳銃 さあこれを

2019年06月23日 05時37分

みそ(発酵途上)

銃を所持!?応援を要請する!

2019年06月23日 07時43分

今日の夕食、ナポリタンです。マカロニサラダは昨日の残りです。ついでにナポリタンのソースにも昨日の残りのトマト煮を少し使っています。いつものナポリタンより甘味があってまろやかな味になりました。
しかしマカロニとパスタってアホみたいな組み合わせだな。

むきぱんだ

マカロニもパスタだからねぇ(´・ω・`)すきよ

2019年06月22日 19時37分

.

おいしそ!

2019年06月22日 19時38分

みそ(発酵途上)

それっぽい味にできました。

2019年06月22日 20時19分

みそ(発酵途上)

炭水化物と炭水化物、たまらないですね。

2019年06月22日 20時20分

みそ(発酵途上)

ありがとうございます!

2019年06月22日 20時20分

朝はパン パンパパン

咲希さんから人が真面目に話を聞こうとしているのに、それに対してその仕打ちはなんだとお叱りを受けた。もちろん諸悪の根源である映画は止められテレビの電源は切られている。
怖がる咲希さんもかわいいから見たくなっちゃってと言い訳すると、咲希さんは頬を赤らめて憮然とした顔をした。
「もう、わかったから。その調子でなにがあったかも話してよ」
その顔もまたかわいいと思ったけど、それを言ったら今度は本気で怒られそうなので胸に秘めておいた。
咲希さんが淹れ直してくれたあたたかいコーヒーを前に、僕はぽつりぽつりと話をした。母さんの衝撃の宣言から気まずい朝まで洗いざらい。

今日の晩酌、鶏肉のトマト煮、マカロニサラダ、バターブレッドです。お酒はラムをオレンジジュースで割りました。
トマト煮にはめんつゆを少し入れてみました。味がまろやかになって美味しいです。
マカロニサラダは醤油を少し入れて水菜の水気止めにおかかも入れて和風味になっています。ごまがよく合います。

みそ(発酵途上)

残ったらパスタのソースとかにしても美味しいので便利です。

2019年06月21日 20時16分

みそ(発酵途上)

あなたのハッピーが私のハッピーよ!

2019年06月21日 20時16分

みそ(発酵途上)

たくさん作ったのでどうぞどうぞ。

2019年06月21日 20時17分

みそ(発酵途上)

トマトの旨味と相性がいいそうです。

2019年06月21日 20時18分

さんご

ヒョオ-ホスィ…( º﹃º` )

2019年06月21日 20時24分

子ども用プールに寝転んだ緒方さんに、かな子ちゃんがローションをどぼどぼかけてます。
「ローションだけが友だち!私ならどれだけローションまみれにされても温泉気分さ!」
と緒方さんがほざいていたので試してみようとなったわけです。もう顔までローションまみれで相当苦しいはずなのに、緒方さんはまるで子犬と戯れるかのようにローションをすくい上げています。
「いつもよりねばねばした笑顔が気持ち悪いですがまさかこれほどとは。私も本気を出さねばなりません」
かな子ちゃんがごつい手袋をはめて湯だった液体の入ったたらいを持ちました。
「100℃のローションです」
そんなの浴びせられたら生物はだいたい死ぬのでは。

fj

子供用のビニルプールで朝から白昼堂々と卑猥な!

2019年06月21日 12時14分

みそ(発酵途上)

腐ってやがる…ってなると思います。

2019年06月21日 12時40分

みそ(発酵途上)

何かに配慮しているのか水着は着ていました。

2019年06月21日 12時40分

朝はパン パンパパン

「それにしてもこの人はビデオもなくなった今どうやって怨霊業を続けているんだろうね。DVDとかネット配信とかで活動してるのかな」
「昴くん」
いつもならこういう馬鹿話が好きな咲希さんは乗っかってきてくれるのだけど、そうはいかないみたいだ。真っ直ぐな目で見つめられて僕は思わず目をそらした。
「お義母さんと何かあった?」
「うん、まあ、ちょっと」
「お姉さんが聞いてあげるからちょっと話してみなさい」
「それはありがたいんだけど後ろ後ろ」
咲希さんが振り返ると、映画はちょうどブラウン管の中から長い髪を垂らした幽霊が這い出てきたところで、咲希さんと主人公はほぼ同時に悲鳴をあげた。

さく

後ろ後ろw
タイムリーな登場ですねw

2019年06月21日 05時12分

みそ(発酵途上)

志村ー!的な感じですね。

2019年06月21日 06時34分

おあげがローションまみれになっています。これはSNS映えする!と自ら進んでまみれました。
「Oh!スライミー!」
楽しそうですが犬にローションっていいんですか。
「これは犬用ローションなので問題ありませんわ。犬用の服やカッパもあるように、愛犬をローションにまみれさせたい飼い主も多いのですわ」
メイドさんがにこやかに理解しがたいことを言いました。
「論より証拠ですわ。ご覧あそばせ、おあげちゃんのローションにまみれたお姿を!」
毛にローションがへばりついて薄汚れたモップみたいになっています。
「ああ、なんと哀れで愛らしいお姿…!」
メイドさんの趣味がなかなかヤバイことはよくわかりました。

朝はパン パンパパン

確認してみるとやはりそうだった。内容を見る気にもならずそのままテーブルに置いてテレビに向き直る。
テレビには咲希さんが借りてきた映画が写ってて、井戸から髪の長い女が出てくるところだった。咲希さんはひとりでは見られないくせにホラー好きだ。僕は平気だけど好きでも嫌いでもない。
「いいの、返信しなくて?」
僕のTシャツの裾を握りしめながら咲希さんが聞いた。映画を見始めてからずっと握られているから、きっと見終わる頃にはそこだけしわしわになっていることだろう。
「いいよ別に。母さんからだし」
言い方があまりにも素っ気なかったからか、咲希さんは訝しげな顔で僕を見た。

合田隊長の人@西野

(-●ω●)その井戸から出てくる人物に心当たりはないか?

2019年06月20日 05時21分

みそ(発酵途上)

さあ、井戸に住んでいるような知り合いはいないですね。

2019年06月20日 06時18分

所長がパソコンで難しそうなデータを見ています。休憩中にも見るとはよほど重要なデータなのでしょう。
「20代の男女でローションを使ったことがないのが7割…なんてこと…!」
真剣な顔してなんてデータを見ているんですか。それは健全なのでは。
「いかん!若者のローション離れを止めなくちゃ日本が乾ききってしまう!」
あなたはローション業界の回し者ですか。
「そういえば僕もローション使ったことないなあ」
あっ財前君、そんなこと言うと。
「いらっしゃい、財前。あたしがローションのイロハを教えてあげる」
財前君がローションお化けにぬるりと連れさられました。お仕置き室から昼間にふさわしくない音が聞こえてきます。

にゃんこ

下ネタかよ…笑

2019年06月19日 12時07分

ガユス@( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

みその語る物語はどこに行き着くのだろう

2019年06月19日 12時30分

みそ(発酵途上)

所長が出てくると濃度が高まります。

2019年06月19日 12時35分

みそ(発酵途上)

いつも通りですね。

2019年06月19日 12時36分

みそ(発酵途上)

そのうち自然消滅すると思います。

2019年06月19日 12時37分

朝はパン パンパパン

咲希さんの作ってくれたシチューは雨で肌寒い日にぴったりだった。こくがあって美味しいと言うと、
「隠し味に味噌をちょこっと入れるのがミソってね」
と茶目っ気たっぷりに返された。
「それでこんなに温かくてホットする味なんだね」
お返しに僕がそう言ったら冷めた目をするのはなかなか不公平だと思う。まあ、僕が負けている分にはいいか。
咲希さんの絶品料理を食べ終えると、洗う係と拭く係で手分けして洗い物を済ませた。家では嫌々する洗い物も咲希さんとするなら尻尾を振りながらできてしまう。
居間に戻って咲希さんが淹れてくれたコーヒーを飲んでいるとスマホが震えた。どうせ母さんだろう。

合田隊長の人@西野

(-●ω●)このシチューは美味しいですね
(-●ω●)ところで、このレシピはどこかな?

2019年06月19日 06時09分

みそ(発酵途上)

この男まさかレシピが目的で…!?

2019年06月19日 12時05分

もっと見る