人間関係、特に恋愛についての話なんだけど

一番大切なのは、【自分が相手に対し、どれほどの時間をさき、ともに過ごし、ともに経験積んだか】ということなんだと思う。

そりゃあ、顔の好きずき、性格の相性、身体の相性、文化の違い、いろいろな判断基準はあるだろう。

でも、それ以上に【どれだけ相手を想い、相手に時間をさいたか】が大切なんだと思う。おれはそう思う。

星の王子さまの受け売りだけども。

あざとやらしいたまぴー

かっこいい。(小並感

2019年11月11日 17時02分



お誕生日おめでとうございます
目標に向かって突き進むあなたを応援しまする

Mr.Orange

感動的なメッセージありがとうございます泣きました!

2019年11月11日 13時04分

HAPPYbirthday♪

Mr.Orange

Arygat you!!

2019年11月11日 13時04分

お誕生日おめでとうございます!

Mr.Orange

あにぎゃとうごにゃいます!ぎにゃー!

2019年11月08日 19時16分

僕にはドキュメンタリーを撮る必然性がある。
ドキュメンタリーを撮るべくして撮る。義務がある。

そこに才能、知識、経験を問うのは野暮だ。

という謎の自信で突き進みたい。

目標はギャラクシー賞の報道活動部門で受賞すること。30代で大賞を受賞したい。今年は縁があってたまたま応募はできたが、おそらく受賞は厳しい。いまのまま腐りきった弱小会社から勝負していくのか、それとも厳しくともレベルの高いところに転職して自分を磨きつつ出していくのか。

現時点で、まだ競争ラインにすら立てていないとというのが妥当なラインだ。

自分に才能はあるか?知識はあるか?経験は?強みは?

正直、どの評価基準にあいても低水準だ。
しかし、どうだろう。ドキュメンタリーというのは、「その人にしか撮れない映像」というものが存在する。

弱い自分だから。底辺の自分だからこそ撮れるものがある。

あと一回受賞して会社辞めよう。

もっと見る