【合田専用】今日は何の日

【1945年8月16日】
海軍中将:大西瀧治郎、渋谷区の官舎にて切腹し自決(享年54)

十文字切りに腹を切り、尚死ねなかったため側近が医者や児玉誉士夫(右翼活動家)等に連絡した。
彼らが駆け付けると未だ大西中将は生きており『私を生きておくようにするな』と言ったらしい。介錯もモルヒネなどの薬も拒みその日の夕暮れに切腹した状態で絶命した。

彼なりの責任の取り方だったのだろうか…死ぬことが責任ではないぞ。

【1945年8月16日】
スターリン首相が北海道の一部をソ連領にする案を出したが、トルーマン米大統領が拒否した。
「日本は分割統治せず」と声明

一歩間違えれば北海道も赤化していたのだ。
恐ろしいな(´・ω・`)

【2006年68月15日】
元自民党の加藤紘一宅が街宣右翼団体に放火・爆破される。
首謀者は加藤宅で切腹して殉教した。

キムチくせーな(。-∀-)この手のテロルなら歓迎だ、もっとやれ

【1975年8月15日】
三木武夫が現職首相としては初めて終戦の日に靖国神社に参拝。

あんなもの国賊じゃないか!
殴られ手も仕方ない(。-∀-)
しかしインテリ赤松らと席を共にしている所が共感できるな(´・ω・`)

【1945年8月15日】
大日本帝国が連合国によるポツダム宣言を受諾し無条件降伏する。


(´・ω・`)あ、田中角栄だ!
(´・ω・`)あ、岸信介だ!
(´・ω・`)あ、吉田茂だ!
(´・ω・`)あ、売国奴だ!

【1863年8月15日】
薩摩藩とイギリスの間で発生した外交問題から砲撃戦となる。
1862年9月14日に武蔵国生麦村で発生した英国人の無礼討ちに関して、武力を用いて解決しようとする英国艦隊に対して、薩摩藩兵が治安出動し応戦した。

この戦闘で英国艦隊・旗艦ユーライアラスの艦長と副長が、薩摩藩のやっつけ仕事で撃った即席カノン砲が直撃し戦死している。

イギリス野郎もビビったろうな(´・ω・`)

たんこぶ

薩摩の戦略勝ち

2019年08月15日 08時41分

合田隊長の人@㍽

たんこぶさん 局地的な勝利でしょうね(´・ω・`)イモも損害すごいですし

2019年08月15日 08時56分

【1941年8月14日】
平沼騏一郎国務大臣が極右活動家に狙撃され重傷を負う。

個人的には嫌いだが、国を想って職務に就いていた事とこの人なりのやり方を貫いていたので称賛すべきだ。

【1937年8月14日】
二・二六事件における背後首謀者の軍法会議にて北一輝らに国家転覆罪および叛乱罪として死刑判決が下される。

統制派の天下になってしまった。
陸軍内部からの皇道派は一掃されたのだ。

原子力空母ポンちゃん

エキセントリックな時代やった

2019年08月14日 11時44分

合田隊長の人@㍽

原子力空母ポンちゃんさん 様々な勢力が台頭し何時誰が何をするかわからない火薬庫のような血生臭い数年間であったと思います(´・ω・`)

2019年08月14日 11時46分

パタぬこ++

当時の東北の民の困窮ぶりを思えば同情を禁じ得ないところもあり(個人的な見解です)

2019年08月14日 12時00分

合田隊長の人@㍽

パタぬこ++さん 誰かがやらなければならなかった部分もあります(´・ω・`)

2019年08月14日 12時02分

【1945年8月14日】
フランス共和国臨時政府、軍法会議にてヴィシー政権元主席フィリップ・ペタンに死刑を宣告するがその数日後に無期禁固刑へ減刑された。

ヴィシーフランスに下った主席以下将兵らで死罪になるものはほとんどいなかった。フランスのために戦ったからである。
そして彼らは軍事顧問として朝鮮やベトナム戦争にアドバイザーとして行っている。

【1945年8月14日】
宮城事件。深夜から翌日未明にかけて、陸軍省と近衛師団の一部将校が近衛師団長を殺害し玉音放送の録音盤奪取を図るが失敗に終わる。

永田町でも機関銃を乱射した部隊がいたな。

おかじー

狂ってる

2019年08月14日 08時34分

合田隊長の人@㍽

おかじーさん 交戦派はこんなやつらばかりでしたね(´・ω・`)

2019年08月14日 08時44分

【1945年8月14日】
京橋駅空襲。1トン爆弾が国鉄京橋駅に命中、駅に避難していた200名以上が死亡。

京都はもう一度焼け野原になった方が良い。
破壊からの復興も悪くない。本来そういう街なのだから。

【1945年8月14日】
葛根廟事件が勃発する。
満州国興安総省葛根廟で非武装の日本人避難民など約1200人がソ連軍戦車部隊の攻撃を受けて多数殺傷する。

逃げ遅れた邦人やその協力者と言うのは悲惨な運命を辿ったのだ。

【1945年8月14日】
最後の御前会議でポツダム宣言受諾を再確認し、無条件降伏を決定。

軍人の中には良く思わない連中も多くいた。

【1937年8月13日】
第二次上海事件が勃発。
盧溝橋事件により始まった華北での戦闘は、停戦協定により収拾した。しかし中国側の攻撃により協定が破られ戦闘が拡大。
この事件以後戦線は拡大していくのであった。
この戦闘で海軍特別陸戦隊が投入されたのである。

(-●ω●)ドイツ軍事顧問のファルケン・ハウゼンと言う男が作った防衛戦とやらも意味をなさなかった。
(-●ω●)彼は反ナチスの親中派だ。

【1916年8月13日】
中国・奉天省鄭家屯で日中両軍が衝突。日本側に死者11人となる。

支那は一筋縄ではない(´・ω・`)

【1945年8月12日】
ソ連対日参戦にて満州国鶏寧県麻生区で避難中の日本人開拓団がソ連軍に襲撃され、悲観した市民など421名が自決。

守備隊は何をしていたかと言うと、国境で死ぬ気で戦っていました。
逃げたのは将官や一部の人間であって現地の部隊は現地の友軍から反乱に遭いながらどうにか戦い抜いた。

【1914年8月12日】
イギリスがオーストリア・ハンガリー帝国に宣戦布告。

一人の男がやらかしたケジメのために凄まじいほどの人間が死んだのだ(´・ω・`)

原子力空母ポンちゃん

史上最悪のやらかしマン

2019年08月12日 09時19分

合田隊長の人@㍽

原子力空母ポンちゃんさん 銃弾一発で世界を変えた男

2019年08月12日 10時27分

【1918年8月12日】
シベリア出兵: 日本軍がロシア・ウラジオストクに上陸。

白軍は連合軍の支援を心待にしているが、ボリシェヴィキの勢いは止まらない。同盟の付き合いから出兵したが現地のゲリラほど恐ろしいものはない。

【1935年8月12日】
相沢事件が勃発。
永田鉄山陸軍少将、相沢三郎中佐に斬殺される。
統制派との対立や彼自信の狂信的な何かが惨殺事件へ駆り立てた。

仙台の藩閥で尊皇の志高く、四連隊や五連隊の隊付指揮官となり、西田税や磯部らとの関わりもあり皇道派の急進的存在であったことが伺える。
彼の事件を聞いた停職中の磯部一等主計は激昂したと言う。

永田少将の遺体は軍刀による数えるほどの攻撃であったが激しく損傷していた。

合田隊長の人@㍽

相沢中佐自信がちょっとあれな人だったので仕方ないです。

2019年08月12日 09時03分

【1643年8月11日(寛永20年6月27日)】
東郷重位 死去(享年82?)

薩摩藩士・剣豪であり示現流剣術の流祖とされている。
後に示現流は著名な剣士を輩出している。

金儲けゲームで美化された剣士よりもこっちの方が好きだな(´・ω・)

鬼畜メガネ塩

この警官さん、たしか不殺の流浪人に逆刃刀で刺突されてたような(´・ω・`)不殺だから死んでないけど

2019年08月11日 09時16分

合田隊長の人@㍽

お巡りさん殺ったら問題になるでござるよ

2019年08月11日 09時31分

もっと見る