Кисочкаの日記

2022年05月09日 23時48分

夢を見た件

何故か大きな施設の屋上で食パンを焼いてバターを塗ってサンドイッチを作って、ある女性と一緒に食べた。

食後に「なんかさー、そんないいもの持ってるなら、もっと人生楽しんだ方が良いんじゃない?じゃあね」と言ってその人は建物の中に通じる階段を降りていった。

それを見送ると、私は食事の後片付けをしようとテーブルと椅子のところに戻った。

誰もいなかった筈なのに、何故か顔見知りの男とか鳥がいて、食べ残しのパンが食べられていた。

良いものと言われたバスケットボール大のそれは無事だった。良いものと言われたけれど、これは危険物なので内々に処分しなければならないと思った。

にゃかぴ

なぞ!バスケットボール大のなにか!?

2022年05月09日 23時50分

にゃんぱす

バスケットボール大の…危険物…良いものを持っている…?
あっ、下ネタか

2022年05月09日 23時55分

格別ひよる

でかいハロみたいな奴ですかなぁ

2022年05月10日 00時06分

Кисочка

にゃかぴさん 圧力鍋くらいの重さ

2022年05月10日 00時11分

Кисочка

にゃんぱすさん 慎重に雷管を抜かないと爆破()

2022年05月10日 00時15分

Кисочка

格別ひよるさん 圧力鍋型爆弾かなにかか

2022年05月10日 00時16分

Кисочка

こんな夢を見た

坂の途中に停車している自動車に向かって、坂の下から走ってきた巨大生物が「びたんっ!」という感じで運転手もろとも潰すと、また坂の下に戻っていった。

私とある家族と共にそれから逃げて走り、坂の途中にある家屋にその家族が逃げ込んだので、私も一緒に入れてもらおうとした。しかし、その家族は人間が通るにはあまりにも細い郵便受けの様なすき間から家の中に入っていった。

私が呆然としていると、「じゃあ良いよ」と声が聞こえて、私も中に吸い込まれた。そこは通常の家の様になっていた。

2022年05月14日 13時31分

Кисочка

家の中にある本棚があって、なんとなく見覚えのある名前が書いてあった。しかしよく見ると作者の名前が私の知っている人物名とは少し違う。しかし、明らかに私の知っている本であり、きっとその主旨も同じであることが本を開かずともわかる。何故か分かった。

そこでその本について、私は何故か呂律が回らない様な感じではあったが、なんとか家族に話しかけた。すると内容は私がかつて読んだことのある物と同一だった。しかし、印刷されている表題と著者の名前が微妙に違うのだ。その点が気になっていると、親御さんがこう言った。

「君は他の世界でこの本を読んだことがあるのではないか」と。

2022年05月14日 13時31分

Кисочка

まさかパラレルワールドに入ってきたという事なのだろうか…であれば、先ほどの巨大生物の存在も理解できなくもない。そんな話をしていたら目が覚めた。

2022年05月14日 13時32分