献血推進クラブ

【献血の種類】
"献血には、全血献血、成分献血があります。全血献血には400mL献血と200mL献血があり、血液中のすべての成分を献血していただく方法です。

一方、成分献血には血小板成分献血と血漿成分献血があり、成分採血装置を使用して血小板や血漿といった特定の成分だけを採血し、体内で回復に時間のかかる赤血球は再び体内に戻す方法です。ですから成分採血は身体への負担も軽く、多くの血漿や血小板を献血していただける特長があります。

日本赤十字社では、輸血を受ける患者さんへの安全性をより向上させるために、献血基準を満たした方には400mL献血、成分献血のご協力をお願いしています。"

成分献血をやって余裕があるようなら、全血献血の400mLに挑戦してみてください。

成分献血は全血献血に比べると体への負担が小さいのが特徴です。

献血をまだやったことがなくて、興味ある人におすすめなのは成分献血です。

もっと見る