【1867年12月7日】
天満屋事件が勃発する。
海援隊の陸奥湯之助及び中井庄五郎らが紀州藩の三浦休太郎を暗殺するために同旅館を襲撃する。
事前に情報を掴んでいたため新撰組の斎藤一ら腕利きの部隊と衝突し多数の死傷者が出るも、三浦は死なずにすんだ。

(-⚫️ω⚫️)海援隊と紀州藩の艦が衝突した逆恨みらしいが、勘違いは怖いね。