【ポータブル】非モテ音響部【オーディオ】

イヤホンケーブル:ORB Clear force Ultimate core-8
メーカー純正と比較すると低域出力がエグいくらいマシマシになるので音場が広がり臨場感が途轍もなくリアルに近くなる。オーケストラサウンドには最適かも。と言っても低域の増量はケーブル特性というよりはケーブルによってイヤホン本来の性能が引き出せた感じかな?中高域と比べると低域の伸びが目立つ感じ。なのでモニター寄りだったのがリスニングライクに変わってそれを良しとするか悪しとするかは人によって評価は変わるかも。個人的には鑑賞専門なのでこのリケーブルは正解だったと思う。ただアッパークラスのイヤホンが一つ買えちゃう値段なのが難点

☆オススメイヤホンシリーズ☆
final E500
価格は2020円(税込)

リーズナブルなのに解像度が高く、音場もこのクラスのイヤホンでは上位クラス。
バイノーラルコンテンツに最適化されたイヤホンだが、普通の音楽も充分に楽しめる。
アッパークラス(3万~8万)、ハイエンドクラス(8万以上)には流石に敵わないが
ミドルクラス(1万5千円~3万円)のイヤホンならモノによるけど価格程の
遜色はない物が多いハズ。

デメリットは直販サイトでしか買えないのと、リケが出来ないので
断線したら終わりという所だけど、非リケはこの価格帯だったら仕方ないね。
直販サイトでも品切れを出しているくらいの人気ぶり。

SONY 新型ウォークマンWM-ZX507着弾の巻
昨日店頭販売開始だったので早速視聴がてら某家電量販店に行ってそのまま購入。ぶっちゃっけ視聴段階では音がスカスカのイメージあったけど帰ってiTunesに入ってる曲を落として聴いてみたら想像以上に良かった。店頭で聴いた時に入ってた曲の問題だったっぽい。今までiPodにポタアン接続して聴いてたけどこれ一台あれば事足りるので超便利。ただそうなってくるとiPodの使い道が……もう少し早く出て欲しかった

ケトル

カセットテープのスクリーンセーバー!

2019年11月03日 11時40分

あると

ケトルさん あんまり使わないかな

2019年11月03日 12時02分

audio-technicaの新作ハイブリッドATH-IEX1を聴いてきた!

https://www.e-earphone.jp/shopdetail/000000256250/?blog
ハイブリッドだけあって音場の広さは充分感じられてて全域しっかりと鳴らしてくれるので万人受けのイヤホンかな?デザインはハイブリッドと思えないほどコンパクトでスタイリッシュ!個人的には良くも悪くもオーテクらしい高域の鳴り方っていうかシャリシャリ感がメーカー独特であまり好きではないので買うことはないだろう。でも、凄く魅力的なオーテクの渾身の一作だと思う

あると

SONYのIER-Z1Rと並べられたらどっちを買うか一瞬迷うな。まぁ、でも比較したらZ1Rを選んじゃうな

https://www.e-earphone.jp/shopdetail/000000230081/?gclid=EAIaIQobChMIzf21hsWY5QIVSXZgCh3_pQvLEAAYAiAAEgK5U_D_BwE

2019年10月13日 14時51分

あると

究極の選択は「どっちも買う」だ!

2019年10月13日 14時52分

声に癒やされたい #ASMR 好きも見逃すな! VR向けイヤホン「E500」
https://www.digimonostation.jp/0000117207/

バイノーラル音源用に作られたというfinalのE500
正直、普通の音楽聴く分にもイイ!
税込¥1,980でこの音を奏でてくれるならコスパはとても良いと思う。ただ、finalの直販サイトでしか買えないので送料が掛かってしまうのが残念(1万円以上購入で無料なのだが)
普通の家電店で売ってるなら2千円アンダー価格帯で真っ先にオススメしたい一品

FiiO FIO-Q5S-AM3E購入。それなりに駆動力もあり音質はまずまず。最大のメリットは4.4mmと2.5mmのバランス接続が可能な所。って言うかSONYが4.4mmだけじゃなく2.5mmも対応すれば良い話!さらに言うと規格を統一しろや!って思う。筐体との接続もMMCXだったり2pinだったりさぁ〜。ユーザーからすると非常に迷惑な

ORB社のlightning to 2.5mm4極バランス変換ケーブル
変換ケーブルであるにも関わらず解像度が恐ろしく高い。iPod直差しでもこの変換ケーブルを通すことによってバランス接続の醍醐味を充分に堪能できる。また外観の高級感が素晴らしい。3.5mmアンバランス変換ケーブルを用いるくらいならこちらのケーブルを使った方が音楽を楽しめる気がする。なお値段

2日前にJBLのBluetoothイヤホンを購入。UnderArmourとコラボ品みたい。
ジムでも使えるようにと、bluetoothでスポーツタイプにした。

今のところの感想。
低音がちょっと弱い気もしたけど、流石JBLの商品というだけあってか、
全体的に音は良い方だとは思う。許容範囲。

自分だけかもしれないけど、耳へ装着するとき、中々位置が定まらない…
一旦装着すれば、落ちそうにはないから、問題はありませんが。
いろんな形の耳に装着できるようにと考慮した結果なのだろうけど…
もうちょっとなんとかならなかったのだろうか。

あると

イヤピとか替えるとフィット感増したりするけどワイヤレスイヤホンだとどうなんだろ?普通のイヤピでも対応してるのかな?
右耳と左耳でサイズが違ったりするから左はMサイズで右はLサイズといった使い方も大事。ワイがまさにそれ

2019年08月15日 01時02分

わりばし

あるとさん そういえば、マウスピースはS/Lサイズが各一つづつ付属で入ってましたね。

いま現物を見たら、一般的なものと形は同じようですが、ちょっと径が大きい気もします。
多少延びる材質ですし、他にもありそうなサイズですから、純正品じゃなくても、取り付けられると思います。

2019年08月15日 08時05分

オーツェイド社のセラミックツイータVSTとダイナミックウーハーを用いたハイブリッド型イヤホン「碧 Light」
中低域がしっかりとベースを作り出していて音場も広く、高域も良く鳴らしているとても5千円アンダーとは思えない製品。筐体の作りもしっかりしていてデザインも良い。音楽のジャンルも問わずに何でもこなしてくれる。唯一のネックはリケーブル出来ない所。しかしながら標準ケーブルでも十分なボリュームのある音を奏でてくれる。
コスパが非常に高いので予算5千円の場合は間違いなく検討対象に入れて良いモデル。

あると

finalのE4000も好きだったけど、コスパで考えたらこっちだなぁ〜。E4000はアンプを介して初めて本領発揮する感じ。碧LightはiPod直差しでも充分なくらい音量が取れてる感じ。通勤用イヤホンの選択肢が増えた

2019年08月12日 00時06分

ハンガリー生まれのイヤピSymbioEartips購入!
某家電量販店で4個入り¥1,700也。心なしか最近イヤピの高騰化が始まってる気がする……
まぁ、品質や機能も向上してるんだけど。で、つけてみた感想。装着感は可もなく不可もなく。シリコンとフォームのハイブリッドだけどフォームのメリットは感じられず、その代わりシリコンの窮屈な感じは軽減みたいな。音質は高域を中心に広がりを見せる。Faudioのインストの後に付け替えてみると違いが顕著。中々面白いイヤピかな。

尻神さく(ゲラ)

無知ですみません!
本体と、耳に直接接する部分て互換性あるんですか(・・?)
ボロボロになっちゃったのがあってー

2019年07月03日 23時13分

あると

尻神さく(ゲラ)さん イヤピは色んなメーカーで音質向上やフィット感を求めてる人向けに販売してるから大抵は互換性あるよ。注意するのがイヤピの口径とイヤホンの軸の太さで、合わないとユルユルになったりキツキツになったりする所くらいかな?
ボロボロになるっていうくらいだから長年使ってるかフォーム(耳栓みたいな素材)かしら?
フォームは正直劣化早いしね

2019年07月03日 23時21分

尻神さく(ゲラ)

あるとさん 劣化とかあるのか…φ(..)メモメモ
ピアスが耳穴に出しゃばってるので左右で耳穴の大きさも違ってて、、
互換性あるなら探してみようかな!

2019年07月03日 23時23分

あると

ワイも耳穴の大きさ違うから買う時はMサイズとLサイズだから高めのイヤピは出費がキツい

2019年07月03日 23時31分

もっと見る