関脇の日記

2020年10月04日 12時26分

船橋大神宮(2)

昨日は「日本一小さい大神宮」と呼ばれる船橋大神宮に行ってきました。僕がここに来た目的は拝殿ではないので、まずは船の舳先をモチーフにした船玉神社をお参り。次に向かったのは徳川家康、秀忠、徳川四天王を祀った常磐神社(摂社)。外観が日光東照宮や瑞鳳殿に似ていて煌びやかでした。


最後にお目当ての千葉県指定の有形民俗文化財になっている船橋大神宮灯明台を見ました。


南船橋が埋め立てられる前は近くに海があり、灯台の役割を果たしていました。1階と2階は和風で、3階の灯室が西洋風の造りとなっている変わった建造物でした。正月三が日は中に入れるようなので、その時期にまた行ってみようかなと思いました。