関脇の日記

2019年10月10日 23時16分

茨城県を疾走①

気分転換に北川綾巴号(至って普通のタントカスタム)で茨城県を疾走。水上鳥居としては最大級の一の鳥居に行きました。噂通りの大きい鳥居でしたが、それ以外は特に何もなく…。


次に向かったのは、7年前にフルコンタクト空手で顎を粉々にしてから武とは距離を置いていますが、武神として崇敬されている神社でお馴染み、鹿島神宮に行きました。


神社の前には塚原卜伝のパネル展示がありました。


鹿島は彼の出身地だったんですね。自分の中で塚原卜伝のイメージは「信長の野望・武将風雲録の『信長包囲網』のシナリオだとすぐに寿命で死ぬ」だったので…お恥ずかしい限りです。

つづく