https://sp.mbga.jp/_news_item?sublayout=topic_headline&id=4997735&_from=news_topic_hl&gid=5&pid=43

この手のアンケートを見ても、まるで信憑性があるように思われないのは、
・抽出の仕方に偏りがあるのではないか(ランダムサンプリングが無保証)
・好きになったら関係ないという意見と慎重に考えてる派の意見の質や内容の重みについての調整はされてるのか
(脊椎反射レベルの無脳低脳屑と慎重派の出してくる意見が同等の価値があるのか)
等々。非常に無駄な調査とその結果を載せてるように思うが、どうなんだろうか。

サウル・カダフ

https://woman.mynavi.jp/article/181031-2/?gaibu=/7251739/336/
一方で年齢は重視するのだという。結婚を意識するからと言うが不思議な話だ。
調査結果だけから得られる推論としては、若くでバツイチになれば独身よりも価値が出るという方向性も見えてくる。
しかし辛酸は長年嘗めるから経験になるのであって、若くで失敗して早々に離婚するとなると逆に若気の至りとしか思えないのだが、それ意味あるのか?
このライターが統計も知らずに数字で語る内容に駄文以上の価値を感じないが、そんな経歴に価値の上下を感じる男性という存在の方も、私には信じられない。

2019年03月14日 07時42分