かわいい女の子、と称してアップされる少女の写真や、美人と呼ばれる女の人の写真を見ていると、訳もなく腹が立つ。
昔からそうだったのだが、私は可愛いとか綺麗と判断する基準はあまり皆と外れてはいないのだが、大多数の人たちが認めるものを認める事は根本的に受け入れられないのだと思う。おかげで、生まれてこのかた美人や可愛いと呼ばれる女の人に好まれたという記憶もない。
しかし、どうせこちらが好意を持ったところで相手との力関係は向こうの方が上になって図に乗るだけなので、不愉快な思いしかしない事を学んだ。今となっては美しいとか可愛いとかいうものを好きになるべき理由がないのはむしろ幸いと言うものだ。

サウル・カダフ

尤も、これまでの歴史のとおり、私のようなアスペ屑のことなど好きになる人間などいるはずもない。
離婚したときですら、相手の側に経済的に損か得かという理由だけで選択肢があっただけで、私の人格については付き合い始めたときから否定されていた。
私のような屑ペルガーは、1人の方が正しげに生きていけるし、楽しい生き方ができるのだと思う。

2019年03月13日 21時57分

ウラジーミル★プーチン

サウル・カダフさん ぶさいくをぶつけんぞゴルァァァ!!

2019年03月13日 21時59分

サウル・カダフ

ウラジーミル★プーチンさん 私は見た目で人を選んだことがないのです。
それよりも右にしろ左にしろ、人気があってちやほやされてるなら避けると思います。
綺麗な人に綺麗だねとはめることは当然の社交辞令としてやりますが、だからといって私が好印象を持ってるとは限りません。
私は自分の気持ちを表に出そうとすると屑であることがわかるほどのアスペルガーなので、ある時期から人前では感情を吐き出すことはやめにしたのです。

2019年03月13日 22時08分

サウル・カダフ

ウラジーミル★プーチンさん その意味では、お二人とも見た目は特に私の基準で不細工ということはありませんが、見た目がそうなだけでは関心をあまり持たないのです。
マジレスですみません。

2019年03月13日 22時10分