外から見て全体としては矛盾しているようでも、中をのぞいて分解してみると中の個同士が独立して対立してる結果、その時々によって違った様子を描き出しているに過ぎなかったりする。存外個自体は独立して一貫性を保持しているものだ。