君に出会ったあの夏の日は もしかしたら冬だったかもね
君の声も その仕草も 歌にするほど 特徴はない