τеκιτσμの日記

2021年07月15日 21時11分

生と死

https://www.sankei.com/article/20210715-7S2SOXD4EZNU3L63TLXXRLME6I/
クリスチャン・ボルタンスキーが亡くなった。


2019年の回願展はほんのり怖かった。

この方の作品を最初に観たのは、豊島の「心臓音のアーカイブ」だった

これも怖かった…

この方の作品の印象をきかれたら"怖い"ですが、心には強く残っています。
作品は残るけど、新しい作品はもう産まれないのは寂しいですね。