maffyの日記

2021年04月05日 21時49分

ほんの1週間前まで

年度末で慌ただしく準備したり、子ども達が何かと出来ないって言ってくれば、『自分でやる!出来るんだから自分で!!』と叱ってた毎日。
玩具の取り合いや、友達にちょっかいを出す子への対応など、6人を1人で慌ただしく見ていた毎日。

そんな毎日から、一転。
今は生後2ヶ月の子を1人だけ担任している。
『可愛いねー、おしっこ出たかなー?まだ眠いのかなー?』と赤ちゃん言葉で語りかける毎日。
昨年度の子ども達が見たら引くぐらい、人が変わったように対応している自分が、本当に怖いと思う。

赤ちゃんはめっちゃ可愛い、でも少し物足りないって思う事もある。
園長から、(前抱っこでの)散歩は出ちゃダメと言われてるため、ずっと室内。(せめておんぶで行けるようなるまでは、散歩禁止令が出てる)
みんなが散歩に出た後は、各クラスの保育室を抱っこで移動している毎日。

前みたいに、公園で子ども達追いかけて走ることも無い。
お化けごっことか、怪獣ごっことか、滑り台とか、お砂場でお山や穴を掘ることもない。

乳幼児突然死症候群にならないように、呼吸の確認などのため、気持ちが休まらない。

ないものねだりなんだろうなぁ。

早く散歩に行きたい

はむはむ

子供たちと向き合うというのは 自分と向き合うってことなのかもしれない

2021年04月05日 21時58分

maffy

はむはむさん 確かにその通りなのかもしれませんね

2021年04月06日 06時20分