ららの日記

2020年11月20日 20時42分

未来のこと

*妊娠出産や生理等のワードも出てくるので苦手な方はお戻りください。


「人生は20代で決まる」という本を読んだことがある。

私にはもうあまり時間が残されていない。
もう26歳。
この本で言われていることを、ものすごく雑にまとめると、20代で決めたことがその後の人生に大きく影響する、ということ。
この本に、もっと早く出会いたかったな。

キャリアもそうだけど、特に心に刺さったのは妊娠出産のこと。

妊娠も出産も30代半ばごろでやればいいと、のんびり構えるのは通用しないということが書かれている。
妊娠できる確率が一番高いのは28歳ごろらしい。
あと2年で私はそのピークを迎えるが
パートナーもいない、結婚の予定もない。

以前もつぶやいたことがあったけれど、私の両親は高齢だ。
あまり妊娠出産を後回しにしすぎると、介護と重なる可能性も出てくる。
それに、後回しにすると親に孫の成長のプロセスを見せられる時間も減る。

妊娠出来る確率が一番高いのが20代後半だなんて、学校で教えてもらったこと、あったかな?
教えてもらってたのかもしれないけど、記憶のかなたに消えていた。

助産師You Tuberさんの動画などを観ていると妊娠・出産について、
もっと早く知っておきたかったとコメントしている人も多い。
もし私に子どもが出来たなら、なるべく早くに教えたい。

今日、実は病院でピルを処方してもらった。
こういう話題は忌避する人も多そうだけど、もっとオープンに話される世の中になっていってほしいと思っているし、何だかすごく書きたい!という気持ちが大きくなり、敢えて書いている。
こんな前置きをするのもどうかと思うけど、ピルを飲み始めたのは避妊目的ではなく、
生理前の不快な症状の軽減や、生理による子宮や卵巣への負担を減らすためだ。
自分なりに調べて、妊娠や出産の予定の無い人は、ピルを飲み、卵巣などを休ませることで卵巣の体力を温存させた方が良いと知ったことが大きかった。
(生理の時、子宮や卵巣には大きな負担がかかる)

もっと早くに知っていたら、もっと早くに飲み始めていたかもしれないけれど、後悔しても仕方ない。
今の自分が一番若いのだからそれでよしとしよう。


しかし、自分はそもそも、子どもが欲しいのかは分からない。
経済的にも体力的にも大変なのは目に見えているから、子どもを持つことが最善とも、幸せなのだとも言い切れないと思うけれど、欲しいと思った時に後悔したくないと思ったからピルを飲んでみようと決めた。


改めて、今の私は、岐路にいるなぁと思う。
コロナで日本に居なければ、あの本に出合わなければ、あの動画に出合わなければ
こんな風に自分の将来を考えることはしなかったかもしれない。


今、私はキャリアを築くことを優先しなければいけないけれど、
それは、自分の妊孕力の一番高い時間を仕事に捧げるということも、同時に意味する。

ありきたりなテーマかもしれないけれど、自分の家庭を築くことを優先するのかキャリアを積むのか、天秤にかけて突きつけられる
現実を思い知らされる年齢になってきたと思う。


どう生きていこう、どうしたら後悔しない人生になるかな。
そんなことを考えている最近です。

みそ(旬)

今を生きるららさんにとって、最もいいと思える選択ができますように。
それにしても文章が上手ですね。

2020年11月20日 21時03分

MJ (かえる先生)

乙でーす(^^/ 
自分の人生も、毎日が岐路に立っているなぁ( ^∀^)
…はさておき、別の視点のご提供。。。

それは、「里子を迎え入れ、育てあげていく人生もあるよー」ってこと
今の時代、いろんな事情や自分が健康体でも相手方との相性があって、自分たちの遺伝子の子どもを儲けることができないご夫婦も多いようです。
なのでそんな選択肢も頭のどこかに置いておくと、将来、幸せを感じられる範囲も広がるかも~とか思いました。
いろんな考え方や価値観、さらに広げてみてね~(^^/~~~

2020年11月20日 21時16分

らら

みそ(旬)さん ありがとうございます!
後悔しないように、そのときその時で最善を尽くそうと思います。
そして、みそさんに文章を褒めていただくのは、すごく嬉しいです!
恐悦至極に存じます\\٩( 'ω' )و //

2020年11月21日 06時30分

らら

MJ (かえる先生)さん なるほどー!
目から鱗でした!!!
それぞれの選択肢に色々と大変なことはつきものかと思いますが、視野を幅広くして入れて生きていきたいとおもいます。

内心ビクビクしながら投稿したのですが、リアクション頂けて嬉しいです!✧︎*。٩(ˊωˋ*)و✧︎*。

2020年11月21日 06時33分