請ひ願ひ奉る@パタぬこ++の日記

2020年09月05日 23時57分

【編集中】創世記 10:1-25(旧約聖書のコピペ)

第6章
1人が地のおもてにふえ始めて、娘たちが彼らに生れた時、 2神の子たちは人の娘たちの美しいのを見て、自分の好む者を妻にめとった。

3そこで主は言われた、「わたしの霊はながく人の中にとどまらない。彼は肉にすぎないのだ。しかし、彼の年は百二十年であろう」。

4そのころ、またその後にも、地にネピリムがいた。これは神の子たちが人の娘たちのところにはいって、娘たちに産ませたものである。彼らは昔の勇士であり、有名な人々であった。

5主は人の悪が地にはびこり、すべてその心に思いはかることが、いつも悪い事ばかりであるのを見られた。

6主は地の上に人を造ったのを悔いて、心を痛め、 7「わたしが創造した人を地のおもてからぬぐい去ろう。人も獣も、這うものも、空の鳥までも。わたしは、これらを造ったことを悔いる」と言われた。

8しかし、ノアは主の前に恵みを得た。 9ノアの系図は次のとおりである。ノアはその時代の人々の中で正しく、かつ全き人であった。ノアは神とともに歩んだ。



創世記 10:1-25 JA1955

ノアの子セム、ハム、ヤペテの系図は次のとおりである。洪水の後、彼らに子が生れた。 ヤペテの子孫はゴメル、マゴグ、マダイ、ヤワン、トバル、メセク、テラスであった。

  ゴメルの子孫はアシケナズ、リパテ、トガルマ。
ヤワンの子孫はエリシャ、タルシシ、キッテム、ドダニムであった。
これらから海沿いの地の国民が分れて、おのおのその土地におり、その言語にしたがい、その氏族にしたがって、その国々に住んだ。

ハムの子孫はクシ、ミツライム、プテ、カナンであった。
クシの子孫はセバ、ハビラ、サブタ、ラアマ、サブテカであり、ラアマの子孫はシバとデダンであった。

クシの子はニムロデであって、このニムロデは世の権力者となった最初の人である。

彼は主の前に力ある狩猟者であった。これから「主の前に力ある狩猟者ニムロデのごとし」ということわざが起った。 彼の国は最初シナルの地にあるバベル、エレク、アカデ、カルネであった。

請ひ願ひ奉る@パタぬこ++

本文は下記を参照している。
https://www.bible.com/ja/bible/81/GEN.6.JA1955

2020年09月06日 00時10分

請ひ願ひ奉る@パタぬこ++

ホームページ・メッセージ070429 小 石  泉
Bible Land museum バイブルランド博物館
創世記Vol.12 ネピリム
http://www.ne.jp/asahi/petros/izumi/2007msg/070429.html

2020年09月06日 00時55分

請ひ願ひ奉る@パタぬこ++

小石泉はネピリムの解釈だけ興味深かった。彼の信条とか思想自体はちょっと受け入れられないから、参照のみ。

2020年09月06日 23時46分

請ひ願ひ奉る@パタぬこ++

【ガチ】宇宙人が地球に飛来し、 人間を創造し、超古代文明を授けた!!! - NAVER まとめ https://matome.naver.jp/odai/2147171294235220001
このまとめは9月30日消滅する。

2020年09月08日 15時56分

請ひ願ひ奉る@パタぬこ++

宇宙飛行士説は某旧約聖書研究家の主張する「ネピリムは宇宙人との混血児説(地球は宇宙の星々の流刑地の役割があった)」及び「ネピリムはイルミナティを作り人間を奴隷化してきた。偽ユダヤ人(フリーメーソン)を使役して正統ユダヤ人および人類を虐殺している」説のある側面から見たモノと言えるかもしれない。興味深い。

2020年09月08日 16時02分

請ひ願ひ奉る@パタぬこ++

日猶同祖論とか旧約聖書の研究家によれば・・・
宇宙人は地球に流刑され、神の子として地上に降り立ち悪を広めた。アダムとイブの子孫である地球人の娘と結婚して生まれたのがネピリムである。ネピリムは権力を集め、地上は悪が広まり荒廃し、それを見て創造主は怒り大洪水が起こされ、善良なる地球人ノアは生き残った。しかし、その息子のハムはネピリムの娘と結婚し、人間の血に宇宙人ネピリムの血が混じることになった。その子孫がクシであり、その子がニムロデである。ニムロデは最初の権力者となった。それが後のイルミナティである。

2020年09月11日 13時47分

請ひ願ひ奉る@パタぬこ++

以前こちらにメモしたことがあるが。
ある旧約聖書の研究家によれば、
日本人の凡そ40%つまり5000万人程が古代ユダヤ人の血統であるとの事だ。ラビの血族及びダビデの血統の正統ユダヤ人がエジプトを脱して日本にまで逃げてきて血を護ったと…。

そういえば旧約聖書の出エジプト記では多くのユダヤ人がエジプトから脱出する記述がある。下記の足の図は以前から知られていたが、日本人はエジプト系が多いとされている。あれ・・・?エジプト系と言っているが実はユダヤ系なのではないか?と思ったりラジバンダリ。

2020年09月15日 17時07分

請ひ願ひ奉る@パタぬこ++

エッサ エッサ エッサホイサッサ
お猿のかごやだ ホイサッサ

エッサ 古代ヘブライ語⇒(神を崇めて視線を)上げる、神を仰ぐ
    現代ヘブライ語⇒ 持ち上げる    
サッサー 前進せよ、 

古代ユダヤ人が集まっている場所が3箇所ある。
ひとつはイスラエルの二級市民の地域(いわゆるスファラディ・ユダヤ)
もうひとつはパレスチナ、紀元70年、奴隷として連れていかれなかった当時貧しかったユダヤ人の子孫。
残り一つは日本であろう。

2020年09月17日 07時20分

請ひ願ひ奉る@パタぬこ++

八咫烏(やたがらす)とは古代氏族の賀茂氏の一部が日本における神道、陰陽道、宮中祭祀を裏で仕切っているとされる組織。

出典
八咫烏 (結社) - Wikipedia

専門家によると、秘密組織八咫烏の人数は数十人――推測では70人前後の規模といわれています。

中核となる八咫烏は12人――「十二烏」といい、このメンバーに欠員が出るとそのつど補充されるようになっているのです。

これら12烏のさらに上に八咫烏の大ボスが3人います。
これら3人が12烏の中の3人か別の3人かは分かりませんが、彼らは他の八咫烏から「大烏」と呼ばれています。

「三羽烏」の由来(NAVER

2020年09月17日 07時30分

請ひ願ひ奉る@パタぬこ++

八咫烏は日本の国体と天皇家を守る一群の人々と言われている。一般には八咫烏の血を受け継ぐ人々は日本において20万人にも及ぶ。繰り返し述べるが、彼らは姓も持たず名も持たない。思えば天皇にも姓がない。
彼ら八咫烏には多くの資金があり情報が集まる。表に出る時は誰にもわからないように行動をする。名を伏せて、マスコミの関係で少し表に出ることがあるかもしれないが、ほとんどは自らのすべてを隠し続けていく。
では八咫烏は何なのであろうか。ひと言で言えばそれは裏天皇ということになる。天皇は外交や国内の法律への署名・・・あらゆる行事において非常に忙しいのである。天皇の本来の仕事は神に祈ることである。(以上転載

2020年09月17日 07時31分