うましまの日記

2019年05月15日 20時50分

禁酒放浪記

一週間まだ全然終わってないのに、なんだか間も無く終わりかのような心持ちで喫茶店でくつろいでいる夜。
置いてきてしまった本の代わりに、新たに適当な本を手に入れる。
これがまた面白くて、眠たい目をこすりながらページを読み進めているんだな。

女であらねば、と突然意気込んだいつかのわたしは、身の回りのものをとりあえずピンクや赤系統でまとめるところから始めた。
完全に形から入るタイプ。
しかし読書の手を止めて、今ふとあたりを見回すと、手提げカバンはブルー。文庫本のカバーもブルー。着ている上着もブルーなもんで、それでいて当時より女としては若干の華やぎを身につけている。これはどういうことか。
ああいよいよ形式を超越してわたしは女になったのだと、独自の解釈に至って満足してしまった。
酒に酔わずして、己に酔うってか。ナハハ



提供されたてのアイスコーヒーよりも、氷のとけきったアイスコーヒーが好きなのは、なにかこうわたしの性格を表しているようで人にはあまり言いたくない。
アメリカンはそんなに好きじゃなくて、ぬるくなったホットコーヒーも違う。
シャープネスとは縁遠いところにたゆたっていたがる性質なのだ。



お昼に食べようと思って買った、ソーセージ入りのパンを、デスクの中に入れたまま帰ってきてしまった。
パンのことなんか忘れるくらい、せわしく動いていたはずなのに、そのせわしさの中にどんなものが詰め込まれていたのか、1つ1つを思い出すことが出来ない。
消えていくような毎日を送っている。
辞めてしまう友や先輩に、先々のことを伺うと、ああわたしもいっそのこと職を違えてどうにかなりたいとか考えてしまう。
今のお仕事大好きなのに、大好きがどんどんわたしを通過していくような感覚。


とりとめもないですね!

五十嵐

文章上手いね^^

2019年05月15日 20時54分

そら

とりとめもないですね!
まで読んだ

2019年05月15日 20時56分

うましま

五十嵐さん ありがとー

2019年05月15日 21時02分

うましま

そらさん 全部やんっ

2019年05月15日 21時02分

刺身

酒のめ( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

2019年05月15日 21時18分

うましま

刺身さん うるせーやいっ!

2019年05月15日 21時23分