人間サンドバッグの日記

2019年02月05日 11時01分

モテる人とモテない人との違い

私がまだ10代だった20年以上前の話です。

当時の私は寝ても冷めても車、くるま、クルマで、バイトで得た給料は携帯電話の料金を滞納してまでガソリン代にあてていたほどでした。

一緒に走りを楽しんでいた仲間に、会社社長のご令息がいました。
彼は当時売れていたトヨタの高級セダンに乗っていました。その様はホワイトパールの車体色もあって、白馬に乗った王子様のようでした。

廃車から起こしたボロボロの車両が唯一無二のバディである我らにとって、そのような車は高嶺の花どころではありません。
皆、口には出さずとも、明らかに嫉妬の眼差しで見ていました。

ある走行会でのこと。
仲間の一人がご令息にお願いし、高級車を運転させてもらうことになりました。

運転することになった人はよほど嫉妬していたのでしょう。
エンジンをかけたかと思うと、エンジンを唸らせて突然コースに突入し、ギャンギャンと後輪を滑らせてドリフト走行し出したのです。

それを見てゲラゲラ笑う者。
やっちゃったよと心配そうに見守る者。
ビデオカメラで撮影し続ける者。

様々な反応をする中で、一人満面の笑みで見つめていたのは、当の所有者であるご令息。

彼は愛車が暴走する姿を見て、止めようとする素振りすら見せず、数周してから戻ってきた運転手を拍手で迎えました。

「俺のこのオッサンカーでもあんなカッコイイ走りができるんだね」と。

その後も自分の車の改造方法について色々な人に話を聞いて
いました。
聞くところによると、本当は自分もスポーツカーに乗りたかったのだが、親がそんな車じゃ箔がつかないからこれに乗れと無理矢理与えられた車であると。
たびたび走行会には顔を出しては、ダブルエントリー(他人の車を借りて参加)していたが、いつかは自分の車で参加してみたいと思っていたと。

彼は服はいつもビシッと決まっていて、交際までいかない親密な女性が何人かいる、いわゆるモテ男でした。
その理由を勝手に「イケメンだから」「金持ちだから」と決めつけて嫉妬していたこともあり、これほどまでに自分を惨めに思ったことはなかったです。

顔やお金は、モテの入口を広げるきっかけに過ぎないのだな、と。

そのことに比較的若いうちに気づけた私ではありますが、やはり頭ではわかってはいても、感情までが受け入れることはなかなか難しく。
ゆえに現在に至るので非モテをやっているわけで。

余談ですが、彼はこのあと親の静止を振り切り、高級セダンドリフターの道へと堕ちていきました。

さらに余談ですが、このあと、彼が親に内緒でデートのために乗り回して汚したフェラーリF355の洗車を、2万円で請け負いました。真冬に。一人で。

そう。私は完全に負け犬です。

くろがね四起

性格がねじ曲がっている私としては、「ああ、結局は親ガチャで良いのを引いた人間が勝つんだなぁ」と真っ先に思ってしまいました。
が、事の本分は違うんですよね…本当にモテる人は、考え方が前向きで、仲間のイタズラにも気付きを得られる…。
生きる世界の違う人なんだなぁと思わされました。

2019年02月05日 11時07分

ウラジーミル★プーチン

自分の車を改造したい気持ちで人に頭下げて質問できる令息も良いやつっぽいし、世の中カネとビジュアルだけじゃないってことに気がつけた人間サンドバッグさんも徳の高い人間なんやで(*´ω`*)

2019年02月05日 11時10分

大原タエ

そりゃ御令息がガチイケメン(顔とかだけじゃなく広義のですよ?)なだけであなたが卑下する要素ないんじゃないんじゃん?

洗車二万?ぼくも飛びつくよ。全裸でもやるよ。

2019年02月05日 11時31分

ガチファイターひめお

2万貰えりゃ俺でもやるわ(笑)
その代わり、コーティングから全部やったるわ(*≧艸≦)

2019年02月05日 11時56分

刺身

文章がうまいな( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

2019年02月05日 13時08分

人間サンドバッグ

のちに高級セダンを改造して走り、ぶつけたりなんだりでボロボロになって「やっとらしくなってきた」と言ってもいました。
そんな彼は、親から引き継いだ会社を更に発展させるべく元気に活動しています。
悔しいけれども完敗です。

2019年02月05日 14時30分

人間サンドバッグ

気付けても行動に移せない。結果を出せない。だから非モテなんですがね笑

2019年02月05日 14時31分

人間サンドバッグ

着飾らないと女性に相手にされない。
そんなことを真剣に考えていた時代の話です。
考えてはいたけれど、財布の矛先は車という生粋の非モテです笑

2019年02月05日 14時33分

人間サンドバッグ

札幌近郊の海辺
深夜
2月ごろ
に突然「お願いしたいことがあるから来て」と電話を受けて、飛んでいったら中身がそれでした。
防寒具は当然備えているわけでなく。
私も車で現地に向かいましたので。

2019年02月05日 14時36分

人間サンドバッグ

そ、そこですか!?思いもよらない角度からのお言葉。ありがとうございます。

2019年02月05日 14時36分